妊娠しやすい生活&身体作り

妊活中の飲酒は、妊娠しやすい体作りの悪影響になるの?

赤ちゃんが欲しくて妊活中の人にとって、お酒を飲むのはよくないのかな?と気になりますね。お付き合いでお酒を飲みに行く機会などもありますし、お酒が妊娠しやすい体作りにどのような影響を与えるのかまとめてみました。

 

アルコールが体に与える影響とは?

 

アルコールを過剰摂取すると、肝臓や膵臓に負担がかかり、肝硬変や糖尿病などのリスクが上がったり、消化器官に負担がかかると、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腸炎などのリスクが上がると言われています。

 

やはりアルコールを過剰に摂取することは、妊娠しやすい体作り以前に、健康に悪影響をもたらしてしまうことは言うまでもありません。

 

妊娠とアルコール摂取の関係は、様々な結果が報告されている

 

実は、妊娠と飲酒の因果関係は、はっきりしていません。一般的に、アルコール摂取量が多くなると、妊娠しづらくなるという報告があります。しかし、その一方で、飲酒したほうが妊娠しやすくなるという報告もあるのです。

 

人間の体に入ったアルコールは異物とみなされ、胃や腸などから肝臓へ送られ分解されますが、その分解過程で大量に発生される活性酸素が、卵子の質を低下させてしまう可能性があります。どのくらい飲むと、卵子の質を低下させてしまうほどの活性酸素が発生するのかは、アルコールの分解能力は個人差も大きいので、このくらいの量なら大丈夫!と断言できないのが現実です。

 

アルコールは血液の循環もよくなりますから、一滴も飲んではいけないと言う医師は少ないと思います。お酒が飲めないことでストレスを感じてしまうようなら、ストレス自体が活性酸素を生む原因となり、ストレスによってホルモンにも影響を与えかねませんので、たしなむ程度にするなど、工夫してみるとよいでしょう。

 

アルコールと言っても、様々な種類があります。抗酸化作用の高い赤ワインは、活性酸素を防御するポリフェノールがたくさん含まれており、逆に妊娠を促進すると言われています。

 

薬を飲んでいる方の飲酒は注意が必要

 

アルコールと薬を併用すると、薬がうまく作用しなくなってしまうことがあります。慢性的に飲酒をしている人は飲んでいない時でも薬が効きにくくなり、アルコールと薬を同時に摂取した場合は薬の作用が強く現れすぎてしまうこともあるため、注意が必要です。

 

もし排卵誘発剤などを処方されているのであれば、排卵誘発剤を飲んでいる期間だけでも禁酒することをおすすめします。

 

アルコール摂取による影響は、妊活中よりも妊娠後のほうが深刻

 

妊娠後の飲酒は、胎児に影響を及ぼします。胎児奇形、胎児発達遅延、胎児発達障害、胎児死亡などのリスクが高くなります。

 

ですからいつ妊娠してもいいように、お酒を飲まないことがストレスにならないのであれば、お酒は控えた方がよいでしょう。

 

妊活中にお酒を飲むなら・・・

 

妊娠したら禁酒をした方がいいので、見方を変えれば、今しか飲めないということにもなります。

 

妊活中にお酒が飲みたくなったら、例えば生理が来てしまったときに飲むというのはいかがでしょうか。生理が来てしまってとても悲しいと思いますが、次に向けて気持ちを切り替える意味でも、その日はお酒を楽しむというのは悪くないと思います。しかし浴びるほど飲むのはいけません。やはり適度な量を守りましょう。

 

活性酸素を防ぐポリフェノールを多く含む赤ワインをホットで飲むのもおすすめです。冷たいビールで体を冷やすよりも、ポリフェノールたっぷりのホット赤ワインなら一石二鳥ですね。

 

また、お酒を飲むときに一緒に食べるおつまみも重要になります。抗酸化作用のある食べ物をチョイスするようにしましょう。

サプリメントでできる卵子・精子のエイジングケア

 

スポンサードリンク